成蹊大学 ≫ 高等教育開発・支援センター
成蹊大学高等教育開発・支援センター
トップページ ≫ Symantec製品の脆弱性への対応について

Symantec製品の脆弱性への対応について


Symantec 製品に関する脆弱性が複数公表されており、高等教育開発・支援センターで貸し出しを行っていた、セキュリティ対策ソフト「Symantec Endpoint Protection 12.1.6MP4」(以下SEP)にもこの脆弱性が該当します。下記の対策をお読みいただき、ご対応をお願いいたします。
(参考URL:https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20160705-symantec.html

OS別対策

Windows
 SEPをアンインストールした後、以下のAもしくはBの方法で「SEP12.1.6 MP5」もしくは「SEP12.1.6 MP6」への
アップデート(再インストール)を実施してください。
 
  A.



高等教育開発・支援センター事務室にてメディアを借り、アップデートを行う。
※事務室の開室時間はこちらをご覧ください。なお、年末年始休業日は閉室しております。
   ●SEPのアンインストール方法 は こちら
   ●SEPのインストール方法 はこちら

  B.





アップデート用データをダウンロードし、アップデートを行う。(ダウンロードは学内のみから可能です)
Symantecインストール申請受付フォーム(下記URL)にアクセスして、インストール申請をしてください。ダウンロード先をお知らせします。
申請受付フォームは「公費で購入したPC用」と「私費で購入したPC用」に分かれていますので、ご注意ください。
なお、こちらからダウンロードできるのはSEP12.1.6 MP5のみとなり、期間は、2016年12月22日までです。


   ●SEPのアンインストール方法 は こちら
   ●ダウンロード及びSEPのインストール方法 大学はこちら
     ダウンロード及びSEPのインストール方法 小学校・中高はこちら

     【公費購入用】 https://mt2023.secure.jp/~mt2023008/symantec.html
     【私費購入用】 https://mt2023.secure.jp/~mt2023008/s_symantec.html

    
Mac
 LiveUpdateにより、最新の定義ファイルに更新してください。


その他

上記に該当しなくても、Symantec製品(ノートンなど)を使用されている方は、下記URLをご確認のうえ、必ずアップデートを行ってください。
URL:http://www.symantec.com/connect/node/3605191
ご不明な点がございましたら、ヘルプデスクまでお問合せください。